ニキビ跡の治し方…奇跡の体験談をシェアします(*^_^*)

◎ニキビ跡を治す方法【私の体験談】を紹介してます。◎手術をせずに、薬も使わずに根本的にニキビ痕を消す方法です。◎ニキビ&ニキビ痕に本当に悩んでいる人のために書きました。(*^_^*)

 

ニキビ跡・ファンデーション

ファンデーションで肌に優しいのはリキッド? パウダー?

ファンデーションで肌に優しいのはリキッド?パウダー? 

化粧品が肌にダメージを与えることは、もう必要悪というか、致し方ないことだと思います。

ただ、ニキビやニキビ跡に悩む人にとっては、化粧品を使うにあたっても、できるだけ肌にダメージの少ないものを使うに越したことはありません。

本日の記事では

ファンデーション

について、
リキッドタイプとパウダータイプを比較した場合、どちらがより肌に優しいのか? 
どちらが肌へのダメージが強いのかについて情報をシェアします。


リキッドファンデーションは肌へのダメージが強い


まず結論から書くと…

リキッドファンデーションのほうが肌への負担がより高いです。

なぜなら、リキッドファンデーションは、その名の通り

リキッド=水・液体

を含んでいるファンデーションなので、

界面活性剤や防腐剤が、ほぼ必ず配合されているんです。

水、液体というのは、放置していたらやがて腐敗していきます。

なので、世の中のリキッドファンデーションもそうですが、水や液体を含む化粧品には、商品が傷む(腐る)のを避けるために、防腐剤や界面活性剤が添付されているんです。

肌にとって、防腐剤や界面活性剤は完全なる異物であり、当然肌に負担がかかってしまうのです。

世界で一番肌がキレイなのは修道女…

とよく言われれています。

彼女たちはノーメイクなので、化粧品による肌への負担がゼロです。

だから肌が元気でキレイなのです。


私たちも本当に肌のこと思うのであれば、メイクなんてしないほうがいいのです。

ただ、実際には、社会人であればマナーとして、身だしなみとしてメイクをしないわけにはいかないのも現実です。

ファンデーションも当然避けることはできないと思います。


でも、ファンデーションを使うのであれば…

・肌が弱い人

・肌トラブルに悩みがちな人

・ニキビを作りたくない人

・ニキビ跡を治したい人

・美肌をキープしたい人

上記に当てはまる人は、リキッドファンデーションではなく、肌への負担がより少ないパウダーファンデーションのような固形のものを使うほうがベターです。


化粧品の防腐剤・パラベンとは…安全?危険性は?


化粧品に使用されている防腐剤の代表格といえば

パラベン

です。

メイク用の化粧品でも、スキンケア用の化粧品でも、パッケージの原料・成分の欄には〝パラベン〟と表示されているものがたくさんあります。

パラベンの正式名称は

パラオキシ安息香酸エステル

なので、その名称で表示されているものもあります。


最近の日本で開発されいてる化粧品は、安全性についても相当配慮はされています。

ですので、パラベンは入っていたら絶対にアウト! 

というわけでもありません。

ただ、事実としてパラベンは厚生労働省によって

表示指定成分

に指定されています。

この表示指定成分というのは、厚生労働省が「アレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分だから、容器やパッケージ等に表示しなくてはならない。」というふうに決められた成分なんです。

化粧品メーカーの研究や努力によって、安全性には配慮はされていますが、パラベンが肌トラブルを起こす可能性もある… という知識については知っておいたほうがいいと思います。

いずれにしても、リキッドファンデーションは液体が入っている以上、どうしても防腐剤が添付されています。

パラベンフリーと書かれている商品であったとしても、実際には、他の防腐剤…

フェノキシエタノール

BG

アルコール

などの防腐剤が配合されています。


肌への負担を少しでも減らしたいのであれば、防腐剤の含まれていない、あるいはより少ない

固形タイプのファンデーション、パウダータイプのファンデーションを使うほうがベターだと思います。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


tag : ニキビ跡 ファンデーション パラベン 防腐剤 肌への負担

プロフィール
リプロスキン効果体験談Aya
▼よく読まれています▼
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
質問やメッセージは下記まで^^
当ブログ管理人AYAへの連絡は↓お気軽に^^