ニキビ跡の治し方…奇跡の体験談をシェアします(*^_^*)

◎ニキビ跡を治す方法【私の体験談】を紹介してます。◎手術をせずに、薬も使わずに根本的にニキビ痕を消す方法です。◎ニキビ&ニキビ痕に本当に悩んでいる人のために書きました。(*^_^*)

 

ニキビ跡を消す方法【私が実践した4ステップ】(≧∇≦)/

ニキビ跡を消す方法について、今日は私が成功した方法をシェアします。^^

ニキビ跡を消す方法。4ステップ
と思っているあなたにお伝えしたいのは
ニキビ跡は消すことが出来る!
ということです。

なぜそう言い切れるのかと言うと、私自信が思春期の頃からニキビとニキビ跡にずっと悩んできて、クレアラシルとかプロアクティブとか、その他数々のニキビケアの有名商品・無名商品を使ってきて、それでも全然ニキビ跡は治らなくて、もうほとんどあきらめていたんですね…

もちろん、皮膚科にも通いました。

わざわざ他県にある有名な皮膚科にも行ったこともあります。

それでも、一時的に肌は改善されたようでも、またすぐにぶり返して、薬を使うたびに、肌のコンディションはかえって悪化して、ついには、もう何を使っても肌が悪化するという最悪の敏感肌になってしまいました…

でも、そんな私が、あるスキンケアの神さま的な先生の講演会を聴きにいって、そこで、肌を回復させる方法を聞いたことで、運命が変わりました。

結論から言うと、
生活習慣を見なおしたこと、
また本当に効果のあるスキンケア商品を使うことで、
私が長年悩んできたニキビ跡が消えて、
ほぼ完全にキレイな肌に生まれ変わることが出来ました。

今日の記事では、私がニキビ跡を治すために実際に行ってきた方法を紹介します。

あなたにも、ぜひあきらめずに、だまされたと思って、トライしてもらえたらと思います。 


スキンケアの神に教えられたこと 


スキンケアの先生の講演会では、色んな興味深い話を聴くことができました。

でも、その話の中で私の心を一番とらえたのは、次の言葉でした。

あなたの肌は3か月前に食べたもので出来ている。
だから現在肌になんらかのトラブルがあるのなら、それは3か月前に食べた食品が原因。
また逆に三ヶ月後にキレイな肌になりたいならば、今日から3か月間の食事の内容を改善すればいい…

というものでした。

最近「あなたは半年前に食べたもので出来ている」という本がベストセラーになりましたが、本当にそうなんです。

私たちの全細胞は、全て食べ物から摂取した栄養素でできています。

それは、髪の毛の先から足の爪まで全部、食べ物から出来ています。

もちろん顔の肌細胞も食べ物からできています。

そして、大切なことは、肌にとってプラスとなる栄養素だけで肌細胞が作られているなら問題ないんですが、食品添加物などの毒素や多すぎる脂肪分なども肌細胞を作る原料となってしまいます。

そうなると、肌にはトラブルが発生します。

また、栄養素が足りなかったり、偏ったりしていても、肌にはトラブルが発生します。

実際、アメリカの大手化粧品メーカーが、肌のキレイな女性について調査をしたところ、肌が一番キレイなのは修道院の修道女であると結論つけました。

修道女の肌


なぜ修道女の肌がキレイなのかというと、それは彼女たちが規則正しい生活を送り、また食品添加物を摂取せず、油分もほとんど取らず、オーガニックな栄養的価値の高い食事をとっているからでした。

極論すれば、正しい生活習慣と食事をとっていれば、とりたててスキンケアをしなくても肌はキレイにキープできるのです。 


ニキビ跡を克服するための食事内容


こういった話を聞いて、私はそれまでの自分の食生活を反省しました。

母親が忙しい人だったので、食事は昔から外食が多く、自宅の夕食でも冷凍食品とかインスタントが多かったことを思い出しました。

大人になってからも、ファーストフードもよく利用していたし、コンビニのごはんとか、インスタントとか、スナック菓子とか、日常的に食べていました。

オーガニックとは正反対の食生活を長年続けてきたことにハッと気付かされました。

このままではいけない…

と思い、食生活を改善しました。

といっても、張り切って完全オーガニック!
とかにすると結局は続かないので、私は、あまり肩肘をはらずに、以下のことだけに気をつけるようにしました。

①ジャンクフードをなるべく避ける
ファーストフード、インスタント食品、スナック菓子などは避けるようにしました。

②油分を控える
ニキビは毛穴に詰まった皮脂が原因で発生します。
その直接的な原因となる油分(揚げ物とか)を含む食品をなるべく避けるようにしました。 

③和食をメインにする
和食は油分も少ないし、野菜も多いし、栄養バランスもバツグンです。
なので、外食の時も洋食ではなく、和食を選ぶようにしたり、自宅のご飯も玄米を混ぜたり、おひたしとか煮物とかで野菜をなるべく食べるようにしました。


私が実践した食事の改善はたったそれだけです。

あまりガチガチにせずに、割りと気楽に取り組むようにしました。

ただ、外食の時でも、スーパーで買い物をする時でも、必ず自分にこう聞くようにしました。

この食品は私のニキビ跡を改善するにあたって、プラスになるだろうか? マイナスになるだろうか?

この質問をすると、自ずとジャンクは避け、栄養価の高いヘルシーなものをチョイスすることになります。

私はスキンケアの神の言葉を信じて、こういったちょっとヘルシーな食生活を3か月続けました。

そうしたところ、どうなったと思いますか?

私の肌のコンディションはあきらかによくなっていました。

それまでは、大人ニキビもしょっちゅうできていたのに、ほとんどできないようになってました。

また、肌もガサガサした感じだったので、しっとり滑らかになってきました。

なるほど、肌細胞も食品から作られているんだなと実感しました。 


洗顔方法を変えれば肌も変わる


次に私が変えたのは洗顔方法でした。

私はそれまでニキビとニキビ跡に悩んでいたので、ニキビケア専用のアクネ菌と皮脂の分泌を押さえるタイプの洗顔料を使って、毎日丁寧すぎるほどに洗顔をしていました。

しかし、そのやり方は、かえって私の肌を悪化させていることが、講演を聞いてわかりました。

まず、絶対に理解しないといけないのは

皮脂を洗い落としすぎると余計にニキビが出来る、肌も悪化するということです。

西洋医学的な観点からすると、あるいは外国のニキビケア商品のコンセプトって、いかにも対処療法的で、アクネ菌を殺菌する、皮脂を完全に洗い流す…というものがほとんどです。

でも、菌の殺菌は危険です。

なぜなら、私達の肌にはたくさんの常駐菌がいて、そこには悪玉菌もあれば、善玉菌もあるからです。

殺菌成分が強すぎると、アクネ菌だけでなく、肌を整えてくれる善玉菌まで殺してしまうため、肌のバランスが崩れてしまうのです。

また、皮脂の落としすぎも危険です。

皮脂は、確かに毛穴に詰まりすぎるとニキビの原因になりますが、同時に肌を保湿するという大切な役目があります。

肌をキレイに保つ上で一番大切な要素は保湿です。

肌の水分量が失われることで、再生力が失われ、シワ・シミなどができます。

赤ちゃんの肌がキレイなのは、保湿力がスゴイからプニプニしてキレイなのです。

なので、私たちは、高級な保湿ジェルとかクリームを使用しますが、本当は自分の肌にとって一番ベストなのは、自分の肌から分泌される皮脂なんです。

その大切な皮脂を落としすぎるからトラブルが起きるのです。

また、皮脂を落としすぎると、身体のホメオスタシスの機能が働いて失われた皮脂を取り戻そうと、皮膚は皮脂を過剰分泌します。

その過剰分泌された皮脂が毛穴につまってニキビが出来てしまうのです。

悪循環です…

では、ニキビやニキビ跡を治すためにはどうやって洗顔すればいいのでしょうか? 

スキンケアの神は、正しい洗顔方法についても教えてくれました。

以下、私が実践した最強の洗顔方法を紹介します。 


ニキビ跡を治すための正しい洗顔方法


①洗顔前に蒸しタオル

②絶対にゴシゴシこすらない
(ネットで泡立てて優しく洗う)


まず、①の「洗顔前に蒸しタオル」について…

蒸しタオルの効能は多くの皮膚科医やスキンケアの専門家も言っていますが、私も蒸しタオルを洗顔前にするようになって、から毛穴が本当にキレイになりました。

蒸しタオルの一番いいところは毛穴がしっかりと開くということです。

ニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂と汚れとアクネ菌です。

ただ普通に洗顔をしても、毛穴の奧に詰まった汚れや菌は洗うことができませんが、洗顔前に蒸しタオルをすることで、しっかり毛穴が開くので、毛穴の奧までキレイにすることができます。

これによってニキビの発生を押さえることもできるし、毛穴の黒ずみまで落とせるので、肌はかなりキレイになります。


【蒸しタオルの作り方】

フェイスタオルなどを濡らして適度に絞って電子レンジで1分ぐらいチンをします。 

火傷をしないように、熱さを確認してから顔の上に載せて2分ほど放置します。

その後、すぐに洗顔をします。

それでOKです。


私は、蒸しタオルに1適のアロマオイルを垂らしてからしてますが、香りの癒やしの効果もあって、至福のひと時です。

肌が喜んでいる感じがします。


つぎに②の「絶対にゴシゴシこすらない(ネットで泡立てて優しく洗う)」について…

これもスキンケアの先生に教えてもらったことですが、顔の表皮って本当に薄くて繊細です。

なので、洗顔の時にゴシゴシ洗うのは絶対にNGです。

顔を洗う時には、自分の顔の肌はまるで油とり紙のような薄いうすい一枚の紙と思って洗わないといけないそうです。

あぶらとり紙って、本当に薄いですよね。

その薄い紙をゴシゴシ揉むとすぐにしわしわのくちゃくちゃになってしまいます。

顔の表皮もそれと同じようなもので、本当に繊細なんです。

なので、ゴシゴシしないのはもちろんのこと、こすらないことが大切です。

洗顔の時には、泡立てネットを使って、フワフワの泡を作ってその泡を顔の表面で転がすように洗うのが正解です。

手の平は表皮に接触するかしないかぐらいの感覚で、泡の力だけで洗うようにすればOKです。^^ 


ニキビ跡ケアに最強の洗顔料


さて、蒸しタオルの後の洗顔ですが、洗顔料って大切です。

殺菌成分や皮脂を落とす力が強すぎると、かえって肌にとってはマイナスです。

なので、しっかり洗浄しつつも、落とし過ぎない洗顔料が理想です。

あなたが現在、自分の肌にあった最適な洗顔料を使っているなら、それで問題ないですが、いまいちしっくりきていないなら、ビーグレンの「クレイウォッシュ」をおすすめします 

ニキビ跡ビーグレン洗顔料クレイウォッシュ

私も、洗顔料はクレアラシルにはじまって、ニキビケア専門のもの、高級なもの、いろんなものを使ってきましたが、なかなか肌にしっくりくる洗顔料には出会えませんでした。

今使っているビーグレンについては、ネットで偶然見つけたのですが、

毛穴のスッキリ感がすごすぎ!

という口コミを見て、思わず注文してしまったのですが、本当に正解でした。

クレイ洗顔料なんですが、ビーグレンの特徴は泡立てないまま洗顔するということです。

今までの洗顔料とかクレイ石けんは泡だてネットで必死に泡を作っていたのですが、イマイチ毛穴のすっきり感を感じることができなかったのですが、ビーグレンをはじめて使った時に説明書どおり泡立てずに使ったところ、本当に驚きでした…。

洗顔してお風呂上がりの顔を見ると、いつもより顔がパッと明るくなった感じがして、どうしてだろう… と思うと、めちゃくちゃ毛穴がキレイになっていたんです。

そして、いつもは洗浄しすぎて肌が粉をふいたような乾燥のしすぎ感とか、肌のつっぱり感があったのですが、ビーグレンの場合は肌がしっとりとしていました。

というのも、ビーグレンのクレイウォッシュには…

肌の水分を保持して潤いを保つ〝ヒアルロン酸〟

肌のターンオーバーを整える〝カモミラエキス〟

肌の保護膜を作り出し、肌をなめらかにする〝スクワラン〟

肌あれを防いで、肌を元気にする〝グリチルリチン酸ジカリウム〟

などの天然の保湿成分がたっぷり入っているのです。

洗顔における最大のポイントは洗い過ぎない! という点につきます。

もちろん、毛穴の汚れや余計な皮脂は落とす必要があるのですが、肌を保護する機能を持つ皮脂を完全に落とすのNGだし、肌のバランスをとっている善玉の常在菌を落とすのも肌にとってはマイナスです。

ビーグレンのクレイウォッシュは、〝洗い過ぎない… でも毛穴はキレイに、しかも肌しっとり…〟という、そのあたりのバランスが絶妙な洗顔料で、一度使ってみれば、その使用感にびっくりすると思います。

ニキビ跡ビーグレントライアル 

ビーグレンのトライアルセットにはクレイウォッシュはもちろん、その他の化粧水、美容液、クリームも、ニキビ跡の修復に特化したセットなので、1週間使うだけで、多くの人が効果を感じることができると思います。

ビーグレンのクレイウォッシュを、一番お得に購入する方法をまとめました。
よかったら参考にしてください。
(*^_^*)
↓  ↓  ↓



 

ピーリングこそがニキビ跡ケアの決め手! 


ニキビ跡を治す方法として、ケミカルピーリングという施術があります。

これは薬品を顔に塗布することで、表皮を溶かして、肌を再生させるという方法で、かなりの確率でニキビ跡が改善されると言われています。

私も何度か試してみようと思っていたのですが、何かの雑誌でケミカルピーリングに失敗して、肌が真っ赤に腫れ上がってしまった人の記事を読んだことがあったので、失敗したらどうしよう… という恐怖から試してことはありませんでした。

それに、いかにも西洋医学的な無理やり表皮を溶かして…
というのがなんとなく不自然なことのようにも思えました。

そんな時に出会ったのが
肌潤糖クリアー
という砂糖を原料に作られた商品でした。


「砂糖水で顔を洗うと美人になる…」

ということはおばあちゃんから昔聞いたことがありました。

実際砂糖は保水力がすごくて、またピーリングの力もあることから、ヨーローッパではエステ業界で広く取り入れられているそうです。

この肌潤糖クリアは、砂糖の保水力でニキビ肌をケアするというコンセプトの商品なのですが、私が実際に使用して一番びっくりしたのは、そのピーリング能力です。

普通、スキンケア商品というのは使用してから効果が出るまでにけっこうな時間がかかるものですが、この肌潤糖クリアに関しては即効性があって、はじめて使った直後に肌が一瞬で変化したのがわかりました。

肌潤糖クリア有害成分ゼロ


砂糖のザラザラした感触を感じながら肌をやさしくマッサージするのですが、やがて砂糖が溶けてきて肌にしっとりと馴染みます。

最後に砂糖を洗い流すと、肌がつるつるになっていました。

ピーリングが、こんなに安価で、しかも砂糖という安心成分でできるのはスゴイです。

『肌潤糖【クリア】』を一番お得に購入する方法を【まとめ】ました。
よかったら参考にしてください。
(*^_^*)
↓  ↓  ↓




最後に…ニキビ跡を本当に消したいならコレ! 


さて、ここまで、ニキビ跡を克服するための生活習慣、洗顔方法、そしてピーリングについて書いてきました。 

上記の方法を試すだけでも、あなたのニキビ跡はかなり改善されると思います。

ですが、ニキビ跡がかなり重度の場合は、上記方法だけでは改善はされても、根本的にニキビ跡を消すことは難しいと思います。

顔に完全に定着したような赤ニキビ跡(私もそうでした…)はなかなか消えません。

また、でこぼこになってしまったクレーターニキビ跡の場合、表皮だけでなく、真皮が破壊されているので、レーザー治療以外には真皮の細胞を再生させることは不可能と言われています…

なので、私もレーザー治療を受けるべきか…

と真剣に考えたこともありました。


ただどうしてもレーザーとか手術は万が一のリスクとかを考えると踏み切ることはできませんでした。

そして、ニキビ跡を治すことをなかば諦めていた時に、出会ったのがスキンケアの権威の先生だったのです。

先生の話を聞いて、肌には本来強い再生能力があることがわかり、私は生活を改善しました。

ちょうどそういうふうに食事とか洗顔方法を変えて真剣にニキビ跡を治そうと思っている時に、半信半疑で使いはじめたのがリプロスキンというニキビ跡を治すために開発された化粧水でした。

私はそれまでにニキビケア専用の化粧水とか美容液を散々使ってきて、どれもほとんど効果がなかったので、この商品も最初はそれほど信用していませんでした。

それでも使い続けようと思ったのは、この化粧水を使うと、それまでゴワゴワだった肌が、ものすごく柔らかくなってきたからです。

広告通りに本当に真皮層まで美容成分が届いて、肌に潤いがもどってきたような感触がありました。

なので、朝晩にこの化粧水をずっと使用していました。

肌のターンオーバーは三週間と言われていますが、長年悩んできたニキビ跡はもちろん三週間で消えたりはしませんでした。

でも、1ヶ月ぐらいリプロスキンを使い続けた結果、ニキビ跡はまだあるものの、全体的な肌のコンディションがこれまでにないぐらい良い感じになってきました。

もちろん、この化粧水だけでなく、食事や睡眠の質を高めたり、ヨガとかジョギングもはじめてストレスをためないようにしたりと、生活習慣の改善もあって、肌のコンディションがあがってきたのだと思います。

そして、これはいいかも… と確信を持ちだしてからは、毎日たっぷりめにつけるようになりました。

そして、3か月使い続けたところ、長年色素が定着していた赤っぽいニキビ跡が小さく、目立たなくなってきました。

そして半年が過ぎた頃には、自分でも信じられないぐらいにニキビ跡は目立たなくなっていました。^^

そして現在はというと、ニキビ跡で悩んでいた… といっても誰にも信じてもらえないぐらいに、キレイな肌になれました。



ニキビ跡が消えた★

私はニキビ跡というものは手術以外では治せない…
と長年悩んできました。  

ニキビとニキビ跡のせいで、対人関係でも自信が持てない部分がありました。

でも、そんなふうにニキビ跡をあきらめていた私でも、生活習慣を変えたことと、正しいスキンケアを行うことで、ニキビ跡を消すことに成功しました。

人生を変えた化粧水

対処療法的に手術などをすることなく、自分の肌本来の力を取り戻して治すことができました。

なので、あなたも、ニキビ跡を治すことをあきらめないでください。

私がニキビ跡を治すために取り組んだことは下記の4点です。

①生活習慣の改善(主に食事。ほかには早寝と運動)

②蒸しタオルを使った洗顔(洗顔料は「ビーグレンのクレイウォッシュ」)

③家庭でできるピーリング(使ったのは「肌潤糖クリア」)

④ニキビ跡専用の化粧水(使ったのは「リプロスキン」)

ぜひ、あなたもトライしてみてください!

実はこの話には後日談がありまして、私の夫もニキビ跡にずっと悩んでいました…。

しかもブラマヨの吉田さんのような、デコボコしたクレーター状のニキビ跡だったので、本人も一生ニキビ跡は治らない… 治るわけがない! と思い込んでいました。

でも、すっぴんの私の肌の変化を見て、夫もリプロスキンを使い始めました。

そうすると
「肌がめっちゃ柔らかくなった!」
と喜んで毎日使い続けました。

その結果、信じられないことに手術以外では消すことができないといわれているクレーターニキビ跡も治すことができました ↓
クレーターニキビ痕顔中に…

夫のニキビ痕アフター2


ちなみに私の夫は毎日残業続きだったので、生活習慣はほとんど変えずに、ただリプロスキンを朝晩に使っただけで、肌が見違えるようにキレイになりました。

なので、
運動とか無理…
蒸しタオルとかも続かなそう…
という方でも
リプロスキンを使うだけでも変化があると思います。


リプロスキンを一番お得に購入する方法をまとめたので、よかったら参考にしてください。
↓  ↓  ↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■

このブログで一番読まれている記事はこちらです
↓ ↓ ↓ 

■■■■■■■■■■■■■■■■■ 



あわせて読む

私がニキビ痕を克服した経緯や、全知識、体験、方法はバックナンバーで
↓  ↓  ↓
このブログ【ニキビ跡を消す救世主】のバックナンバー
▼  ▼  ▼
ニキビ跡を治す方法【救世主はコレ!】(≧∇≦)/

ニキビ跡を薄くするお手入れ方法

ニキビ跡を治す方法ースキンケアで最も大切な正しい洗顔方法はコレ^^

ニキビ跡を治す方法【私の不思議な体験談】奇跡の変化…

ニキビ&ニキビ痕を3カ月で治す“3つの方法”をシェアします(*^_^*)

ニキビ痕治療… 4つの秘訣【正しい洗顔方法編】★自宅でニキビ痕が治った私の方法!

ニキビ痕ケア商品で唯一おすすめできる「リプロスキン」について詳しく説明します

ニキビ&ニキビ痕を治す・改善するための7つのカギ

ニキビ痕を消す方法のまとめ。私が克服した方法を紹介します

ニキビ痕を克服する方法を “3つのポイント” にまとめました

ニキビ痕は消せます。一番簡単で確実な方法を紹介します。

ニキビ痕を消すためのたった2つの方法(私の体験談)

ニキビ痕の手術の費用とリスク、悪化のデメリット

ニキビ痕は本当に消えるのか!? ふたたび…

男のニキビにも効いた! 夫のニキビ痕のデコボコとボツボツが消えた…

大人ニキビの原因と対策。要チェックです!

ニキビ痕を消すための正しい洗顔方法、4つの秘訣★★★★!

にきび痕の悩みを解消・解決した私の方法

ニキビの悩みを解決するために薬をつけるのはよくない(*_*)

リプロスキンとプロアクティブを比較します。私の場合、効果があったのはリプロスキン!

ニキビ痕を自宅で治療する方法

ニキビ痕を消す食事・ニキビを防ぐ食事

大人のニキビケア・テレビ「NHKきれいの魔法」で放送されていたよ 


当ブログの全記事のバックナンバー(もくじ)はこちら
↓  ↓  ↓



関連記事

tag : ニキビ跡 ニキビ跡を消す 洗顔 ビーグレン クレイウォッシュ

   
プロフィール
リプロスキン効果体験談Aya
▼よく読まれています▼
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
質問やメッセージは下記まで^^
当ブログ管理人AYAへの連絡は↓お気軽に^^