ニキビ跡の治し方…奇跡の体験談をシェアします(*^_^*)

◎ニキビ跡を治す方法【私の体験談】を紹介してます。◎手術をせずに、薬も使わずに根本的にニキビ痕を消す方法です。◎ニキビ&ニキビ痕に本当に悩んでいる人のために書きました。(*^_^*)

 

ニキビと紫外線の関係

ニキビと紫外線の関係 

この記事は昨日の記事「紫外線を浴びるとニキビ跡になる…」の続きです。

おさらいになりますが、ひとくちに紫外線といっても実は2種類の紫外線がありまして…

UV-A波は急激な変化は起こさないけど、ゆっくりと時間をかけて肌の奧にダメージを与える紫外線です。

UV-B波は、いわゆる日焼け(肌の炎症や軽いヤケドなど)を起こす紫外線で、日焼け後に正しく肌をケアしないと、UV-A波同様に肌にダメージを与えます。

というように、とにかく紫外線というのは、肌にとってマイナスである。

このことをまず理解してください。


ニキビと紫外線の関係


ニキビが出来ている時に紫外線を浴びることは最悪なので、避けましょう。

ニキビが出来ているといことは、すでに肌にトラブルを抱えている状態であって、肌は外部からの刺激に対して敏感になっています。

無防備に紫外線を浴びることは肌にとって有害な刺激でしかありません。

これ以上、ニキビを悪化させないためにも、またニキビ跡を残さないためにも、極力紫外線から肌を守りましょう。

実際、紫外線はニキビ肌に対して次のような害・リスク要因となります。


①角質肥厚が進行し、ニキビができる

紫外線を多く浴びると、肌の防御機能が働いて角質が自然に厚くなります。

この現象を角質肥厚といいますが、厚くなった角質が毛穴をふさぐことによって、毛穴の奧の毛包(もうほう)に皮脂が充満して、ニキビ菌(アクネ菌)が活発化して、ニキビができやすくなります。


②水分・油分が奪われ、肌のバリア機能が低下する

紫外線を浴びると肌の保湿に必要な水分や油分が奪われて、肌のバリア機能が低下します。

それでなくても敏感になっているニキビ肌にさらなるトラブルを引き寄せる原因になります。


③活性酸素が増え、毛包が破壊される

ニキビというのは毛穴の炎症です。

炎症を起こした時、毛穴の奧の毛包では活性酸素(フリーラジカル)が発生します。

この活性酸素は毛穴を内側から傷つける悪い酸素なのですが、紫外線を浴びると活性酸素が増加して肌にダメージを与えます。

ニキビがある状態で紫外線を浴びると、この活性酸素の増加によって…

炎症が悪化
↓  ↓  
毛包の壁が破れる
↓  ↓  
皮脂とニキビ菌が真皮に漏れ出す
↓  ↓  
真皮が破壊されニキビ跡が残る… 

という最悪なケースにつながります。


④ニキビ跡の色素沈着が進む

ニキビがすでにある状態、あるいはニキビが治った直後に紫外線を浴びると、そのニキビのある場所のメラニン色素も増えるため、色素沈着したニキビ跡が残りやすくなります。

それでは、紫外線対策は具体的には、どうすればいいのでしょうか?

次回につづきます。

この記事の続きを読む
↓  ↓  ↓


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

このブログで一番読まれている記事はこちらです。(*^_^*)
↓  ↓  ↓ 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 




当ブログの全記事のバックナンバー
【全記事の一覧】はこちら
↓  ↓  ↓






関連記事

tag : ニキビ跡 紫外線

   
プロフィール
リプロスキン効果体験談Aya
▼よく読まれています▼
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
質問やメッセージは下記まで^^
当ブログ管理人AYAへの連絡は↓お気軽に^^