ニキビ跡の治し方…奇跡の体験談をシェアします(*^_^*)

◎ニキビ跡を治す方法【私の体験談】を紹介してます。◎手術をせずに、薬も使わずに根本的にニキビ痕を消す方法です。◎ニキビ&ニキビ痕に本当に悩んでいる人のために書きました。(*^_^*)

 

ニキビ・ニキビ跡を予防するための紫外線対策

ニキビ・ニキビ跡を予防するための紫外線対策 

この記事はシリーズ(連載)の続きとなっております。

最初から読みたい方は、下記記事を先に読んでください。

連載1

連載2


本日の記事本文はここから

紫外線対策は夏場だけでOK?


ニキビ・ニキビ跡にとって紫外線(UV)は大敵であることについて、前回記事で紹介しました。

紫外線対策というと、どうしても〝夏〟と思いがちですが、ここにも一つの落とし穴があります。

夏の照りつける太陽のもとでの海水浴などのレジャーでは、誰もが紫外線対策を行いますが、実は曇り空であっても紫外線は大量に降り注いでいます。

また、紫外線量が一番多いのは7〜8月の夏… と思いがちですが、これは正解でもあり間違いでもあります。

肌を直接的に焼くUV-B波は確かに7〜8月の夏場に一番多いのですが、シミや隠れニキビの原因となるUV-A波は、季節を問わずに一年中降り注いでいます(特にUV-A波が多くなるのは5月・6月・7月と言われています)。

UV-A波の嫌な特徴としては、曇りであっても関係なく90%は地表に届きます。また、窓ガラスなども貫通します。

つまり、夏だけでなく、一年中、私たちの肌は紫外線にさらされているのです。

ですから一年を通してUVカット(紫外線防止)効果のある化粧品を使ったほうがいいのです。


SPFが高すぎる日焼け止めは危険?


以上の理由から夏場に限らす、ニキビを作らないために、ニキビ跡を残さないためにも、UVカットの下地とファンデーションはつけたほうがいいのです。

ただし、ここでも注意すべき点があります。

UVカット化粧品には、SPFとPAという2種類の紫外線防止指数が表示されています。この数値について簡単に説明すると…

SPF
SPFとはSun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)の略で紫外線防御指数とも言います。 炎症など肌を直接に日焼けさせるUV-B波の防止効果を表す指標です。

PA
PAとはプロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UVA)の略で、一年を通じて真皮層の奧まで破壊するUV-A波の防止効果を表す目安の数値です。
+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示していて下記の4段階があります。

PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+     効果がある

さて、紫外線はお肌の大敵だから、SPFの数値は高めのほうがいい! と思ってしまいがちですが、SPF値が非常に高い化粧品には、紫外線吸収剤と呼ばれる成分が大量に含まれていて、刺激性やアレルギー性の点において、長時間つけっぱなしにしておくのはリスクがあります。

その理由は、紫外線吸収剤の成分としてよく使われているオキシベンゾンには発がん性があり、アメリカやヨーロッパでは完全に使用が禁止されているほどの成分だからです。

日本では使用禁止になっておらず、SPFの効果が高い日焼け止めにはたいてい含まれている成分です。

具体的にはSPF30以上の日焼け止めや化粧品には、オキシベンゾンをはじめとする、発がん性のリスクがある成分が含まれているケースが多いです。

炎天下で海水浴! などの場合はSPFの数値が高いものを使うのもアリですが、日常生活においては、SPFは10〜12程度あれば十分です。

最近のUVカット化粧品は、そのあたりにも配慮しているものが多くなってきていて、〝紫外線吸収剤フリー〟〝ケミカルフリー〟を売りにしているものも増えてきました。

そういった商品を利用すれば低刺激で肌にもやさしく安心です。


UVカット化粧品を使ったら、必ずクレンジング!


日焼け止めやUVカット化粧品を使った後には、必ずクレンジングを使ってしっかり落とすことが大切です。

どれだけ低刺激なものであっても、UVカット商品は肌に負担をかけています。

クレンジング後の化粧水などの保湿スキンケアも大切になってきます。

過去記事で紹介しましたが、いいクレンジングを使うだけで、肌質は大きく改善します。

私が今まで使ってきた中で本当に圧倒的にいい(肌質を改善してくれる)クレンジングはDUOクレンジングバームです。

(過去記事はこちら 
 ↓  ↓  ↓

UVカット化粧品を使った時は、たとえ下地だけであったとしても、メイクをした時と同じようにしっかりとクレンジングで落とすことが大切です。

PS
紫外線吸収剤の危険性についても説明しましたが、皮膚がんをはじめとする肌疾患の最大・最悪のリスクは紫外線です。
紫外線対策を全くしない… というのは、皮膚がんであれ、シミ・シワ・ニキビなどの最大限のリスクとなりますので、紫外線対策は怠らないようにしてください。

もう一回だけ、この紫外線対策シリーズで続きを書きますね。

この記事の続きを読む
↓  ↓  ↓



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

このブログで一番読まれている記事はこちらです。(*^_^*)
↓  ↓  ↓ 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 




当ブログの全記事のバックナンバー
【全記事の一覧】はこちら
↓  ↓  ↓







関連記事

tag : ニキビ跡 紫外線

   
プロフィール
リプロスキン効果体験談Aya
▼よく読まれています▼
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
質問やメッセージは下記まで^^
当ブログ管理人AYAへの連絡は↓お気軽に^^