ニキビ跡の治し方…奇跡の体験談をシェアします(*^_^*)

◎ニキビ跡を治す方法【私の体験談】を紹介してます。◎手術をせずに、薬も使わずに根本的にニキビ痕を消す方法です。◎ニキビ&ニキビ痕に本当に悩んでいる人のために書きました。(*^_^*)

 

紫外線対策 三種の神器

ニキビ・ニキビ跡を予防するための紫外線対策 

ニキビ・ニキビ跡を防ぐための紫外線シリーズ連載記事の第4話です。

最初から読む場合は、下記をクリックしてください。

第1話

第2話

第3話


紫外線はニキビやニキビ跡の原因になるだけでなく、シミやシワなど、あらゆる肌トラブルの原因になるので、一年を通じて日焼け止めやUVカット化粧品を使うことの重要性について紹介してきました。

本日は、それにくわえて、紫外線対策の三種の神器ともいえる、3つのマストアイテムについて紹介します。


黒色が最も紫外線を防いでくれる


紫外線対策、日焼け対策のマストアイテム
その1は
日傘
です。

日傘・紫外線対策・ニキビ跡 

いくらUVカット化粧品を使っているからといっても、日光を直接浴びることは危険です。

つまりは、物理的にも紫外線をカットする必要があって、そのための最強アイテムが日傘なんです。

日傘の利点としては、まず遮光面積が広いことです。真上だけではく、斜め上からの紫外線からも守ってくれます。

また、顔だけでなく腕も紫外線から守ってくれるのも日傘を使うメリットです。

日傘にはいろんな色やデザインがありますが、購入する際は黒色の日傘をオススメします。
(上の画像のようにモネの時代にはパラソルといえば白! みたいでしたが…)

白色の日傘は日光を反射してくれるようなイメージがありますが、実は光の透過性が最も高く、紫外線をそのまま通してしまいます(もちろん何もしないよりはマシですが)。

逆に黒色は、光の透過性が最も低い色なので、紫外線を最もカットしてくれます。



紫外線対策、日焼け対策のマストアイテム
その2は

帽子

です。

帽子・紫外線・ニキビ跡 

紫外線対策の最強アイテムは日傘なのですが、日傘のデメリットとして、片手がふさがる… 持ち歩くのが面倒くさい… といった不便さがどうしてもあります。

なので、日傘が面倒くさい… という人は、ぜひ帽子をかぶってください。

帽子を選ぶポイントとしては、
つばが広いこと。
そして色はやっぱり黒が一番です。

ただ帽子はファッションアイテムでもあるので、色が白であっても、何色であっても、それでもなにもかぶらないよりかははるかにマシです。

あと、モネさんの絵画の女性がそうであるように、帽子をかぶった上に、さらに日傘をさす… というのが一番完璧です。


紫外線対策、日焼け対策のマストアイテム
その3は

サングラス

です。

サングラス・紫外線対策・ニキビ跡 

意外に思うかもしれませんが、紫外線は目からも入ってきます。

そして人間の脳は目から紫外線が侵入してくると、「紫外線を浴びている…」という情報がインプットされ、紫外線の害を受けてしまいます。

どういうことかというと、目から紫外線を浴びるだけで、顔を含めた全身が日焼けしてしまうのです…

目が強い紫外線を浴びると、脳は紫外線からカラダを守らなくては… と判断し、メラニン色素を発症させます。

メラニン色素はみなさんご存知の通り、美白の大敵で、日焼けして真っ黒になるのはメラニン色素のなせる技です。

どれだけ日焼け止めで顔を紫外線から守っていても、目から紫外線を浴びれば、肌の内側からメラニン色素がどんどんできるので、美白どころではなくなってきます。


メラニン色素は悪者?


美白がもてはやされる時代、色黒の原因となるメラニン色素は悪者扱いされがちですが、本当は私たちを紫外線から守ってくれる味方でもあるんです。

これはどういうことかというと、私たちの肌細胞は毎日生れ変わっています。

肌の奧にはマザー細胞とも呼ばれる基底細胞があって、ここで日々新たな肌細胞が生成されているのですが、強い紫外線を浴びると、この基底細胞までダメージを受けて、肌のターンオーバー(生まれ変わり)に異常をきたしてしまいます。

なので、紫外線から基底細胞を守るために、メラニン色素が発症し、私たちのカラダを黒のスクリーンで包むように守ってくれる… そういう仕組なんです。

ただ、美白を目指す上では、メラニン色素の発症はできるだけ抑えたいもの。だからこそ、日傘、帽子、サングラスで物理的に紫外線をシャットアウトすることで、メラニンの発症を防ぐことができます。


紫外線とニキビ跡まとめ


以上、4回にわたって、紫外線とニキビ・ニキビ跡の関係について書いてきました。

昔は健康の証し… みたいなイメージのあった小麦色の肌ですが、紫外線の害が解明されていくにつれて、現在ではいかに紫外線から肌を守るかが、美肌・美白の最大のテーマとなっています。

若い時は、少々日焼けをしても大丈夫! みたいなイメージがありますが、顔の表面には出ていなくても、特殊なカメラで撮影すれば、若い肌であっても、その奧には隠れニキビ、隠れシミがたくさん隠れています。

それが将来のニキビ、シミなどの原因になるのです。

なので、少々面倒くさくても、将来もキレイな肌でいたいのであれば
UVカット化粧品
日傘・帽子・サングラス
で、紫外線から肌を守りましょう。^^

紫外線とニキビ跡のシリーズの連載は本日で終了です。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

このブログで一番読まれている記事はこちらです。(*^_^*)
↓  ↓  ↓ 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 




当ブログの全記事のバックナンバー
【全記事の一覧】はこちら
↓  ↓  ↓







関連記事

tag : ニキビ跡 紫外線 スキンケア ニキビ痕

   
プロフィール
リプロスキン効果体験談Aya
▼よく読まれています▼
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
質問やメッセージは下記まで^^
当ブログ管理人AYAへの連絡は↓お気軽に^^