ニキビ跡の治し方…奇跡の体験談をシェアします(*^_^*)

◎ニキビ跡を治す方法【私の体験談】を紹介してます。◎手術をせずに、薬も使わずに根本的にニキビ痕を消す方法です。◎ニキビ&ニキビ痕に本当に悩んでいる人のために書きました。(*^_^*)

 

【最終回】さようなら私のニキビ跡…

これまで全10回にわたって書いてきた連載も本日で終了です。

前回の【まとめ】の続き、後半部分を本日は書きますね。

(大切なメッセージを最後に書いてます)



サレンダー(自分を手放す)したことで、私の人生は好転しはじめました。

そして、長年の悩みであったニキビ跡…

どうしても消したかったニキビ跡ですらも、サレンダーすることができるようになりました。

それは、諦め… というのとはまたちょっと違うんですが、どうしてもニキビ跡を消したい! という執着がとれた… そんな感覚でした。

もちろん消えればいいな… という思いはどこかにありましたが、全て人生の流れにまかせよう…と。

つまりは、時期がくればニキビ跡は消えるかもしれないし、あるいは消えないかもしれない… でも、そこだけに執着して、人生の貴重な時間を無駄にしたくない…

だから、まずはニキビ跡の存在を受け止めて、私は私らしく、あるがままに〝いまここ〟に感謝して生きていこう。

そんなふうに心から思うことが出来るようになったんです。

その結果、やっぱり不思議なことが起こったんです。

ニキビ跡を消したい! と、あれだけ努力し、苦労していた時には、全然消えなかったニキビ跡が、もういいや… とサレンダーしたことで、ニキビ跡が治ったんです。

それも完全に。

それは奇跡のように、一瞬でニキビ跡が消えた… とかそんな話ではないのですが、不思議なご縁によって三ヶ月から半年の時間をかけて、じっくりと私のニキビ跡は消えました。

その、不思議なご縁というのは、大きく分けて二つあって

一つ目は

ニキビ跡博士との出会い。

そして、もう1つは

リプロスキンとの出会いでした。


ニキビ跡博士の話は、本当にインパクトがありました。

それまでのスキンケアの常識が崩れて、全く新しい世界に触れたようでした。

ニキビ跡博士の言葉をシンプルにまとめると…

肌細胞は毎日生まれ変わっている

元気な肌細胞が生まれれば、ニキビ跡などの肌トラブルも治る

肌細胞は、食物から作られる

現在、肌トラブルを抱えているなら、それは、三ヶ月前に食べた食事が原因
(おおよそ、人間の身体の細胞は三ヶ月で入れ替わるので)

逆に、三ヶ月後にキレイな肌でいたいなら、今日食べる食事に気をつけること

そんな内容でした。

その話を聞いて、真っ先に思い出したのが、中学生の時のヤンキーの男子のクラスメートの顔でした。

彼は、もう誰が見てもひどい、醜悪といっていいぐらいの、ニキビが顔中にありました。

もう、ふつうのニキビ顔とか、青春のシンボルとかのレベルではなくて、病的なほどのニキビ顔だったんです。

顔中がニキビでボコボコでした。

こんか感じでした…
↓  ↓  ↓
ニキビ痕重症 



しかも三センチぐらいのおおきさのニキビというか、腫れのようなものも顔にいっぱいありました。

それは見ていて、痛々しいほどで、本人もかなり自分のニキビを気にしているようでした。

その男子が友達としている会話が、ある時、聞くともなく、耳に入ってきました。

そのヤンキーニキビ男子が言っていたのは、こんな言葉でした。

「俺、昨日の晩御飯ポテチ(ポテトチップス)だけだった…」

「最近、カップ(カップラーメン)か、スナック(菓子)ばっかりで、ぜんぜんまともなメシを食ってない…」

彼は、母子家庭で、ヤンキーで、まともな食事をとっていなかったのです。

中学生ながらに、私はその時こう思いました。

「気の毒だけど、そんなジャンクフードしか食べてなかったら、顔中ニキビだらけになるよね…」

と。

そんな中学生の時の記憶が、ニキビ跡博士の講演を聞いた時に、ハッと、思い出したんです。

そして、私は、自分の食生活を真面目に振り返りました。

仕事が忙しく、生活も不規則で、外食も多かったし、ストレスからお菓子もたくさん食べてました。

なかなか自炊も出来ず、かなり乱れた食生活を送っていたことに気が付きました。

そりゃあ、いくらスキンケアしても、あんな食事じゃ、元気な肌細胞は生まれるわけないな…

という、反省とともに、大きな気づきを得ることができました。

ジャンクフード 

その日から、食生活はもちろん生活態度やリズムを改善しました。

なるべく自炊し、スーパーで買物をする時には、それまでに無意識に食べたものを買ってましたが、講演会以降は、常にこう考えながら、買物をするようにしました。

「この食材は、私の肌細胞にとって、プラスになるか、マイナスになるか?」

そう思って買物をすると、スナック菓子や脂っこいものには手を出さずに、野菜を中心として、血となり肉となるような、旬の新鮮な素材を買うようになりました。

食事の改善って、地味だけど、効果は絶大でした。
それまでの乾燥しがちで、ゴワっとしていた肌が、だんだんとハリが出てきました。

肌だけではなくて、それまでいつも疲れやすかった身体も元気になってきて、朝も早起きできるし、スタミナもついてきて、ジョギングや筋トレなどの運動もはじめることができるようになりました。



そして、リプロスキンとの出会いがありました。

ネットで偶然見つけた商品でしたが、ニキビ跡博士は、こう言ってました…

乾燥は肌の大敵。肌の乾燥が全ての肌トラブルの最大の原因。

乾燥した肌、ひび割れた肌・大地 

浸透力があって、保湿効果の高い、スキンケア商品は肌を元気にしてくれる。

肌に水分を貯蔵する 

リプロスキンは、まさに浸透力が最大の特徴のスキンケア商品で、ニキビ跡博士の言葉に完全にマッチする商品であることが直感的にわかりました。

(リプロスキン公式サイトの説明)
↓  ↓  ↓
ニキビ跡リプロスキンの浸透力 

ニキビ跡リプロスキンの浸透力02 

ニキビ跡リプロスキンの浸透力03 


私は、リプロスキンをすぐにネットで注文しました

そして、初めて使った時の感動…



それまでのゴワゴワ肌が嘘のように、ぷにぷにとやわらかくなりました。

ニキビ跡肌を柔らかくする保湿化粧水 

リプロスキンを使いだしてから、肌がいつでも保湿されていて、しっとり感と透明感が出てきました。

ニキビ跡に関しては、すぐには大きな変化はありませんでしたが、とにかく肌コンディションが良くなっているのは確実だったので、このままいけば、私の肌細胞は必ずもっと元気になる。

肌細胞が元気になれば、ニキビ跡も消えるかも…?

という期待を持つことができました。

リプロスキンは地味なんです 

そして、使い続けて三ヶ月が過ぎた頃には、はっきりとニキビ跡が薄くなっているのがわかりました。

半年過ぎた頃には、もうどこにニキビ跡があるのか、わからないレベルまで、ニキビ跡は消えました。

ニキビ跡が消えた★ 

今では、年齢のわりには、かなり美肌の部類に入るぐらいで、友達にも

どんなスキンケアを使っているの? 

と、聞かれることもよくあるぐらいです。

すっぴんニキビ跡完治 

また、そんな私の変化を見て、夫もリプロスキンを使いだすと、皮膚科の医師でも手術以外では消えない… と断言していたクレーター状のニキビ跡まで消えてしまいました。
↓  ↓  ↓
夫(リプロスキン使用前)
↓  ↓  ↓
ニキビ跡のクレーター男 
↓  ↓  ↓
夫(リプロスキン使用後)
↓  ↓  ↓
クレーターニキビ跡が消えた男 



サレンダー(自分を手放し、ニキビ跡を手放し)したことで、不思議な出会いが起こり、私の人生は好転し、ニキビ跡まで消えました。

ニキビ跡は消えない! 消せない!

と、一時期はあきらめていたのですが、それは間違いでした。

あなたも、もしかしたら、以前の私のように、

自分のニキビ跡を治すことをあきらめているかもしれません。

その気持ちは本当によくわかります。

私も散々、いろいろなスキンケア商品を試したり、皮膚科にも通いましたが、ニキビ跡はびくともしなかったので…

でも、そんな私でも、ニキビ跡を消すことができました。

私の場合は、サレンダーしたことがきっかけでしたが、夫の場合は、別にサレンダーとか関係なく、俗っぽく生きてますが、リプロスキンを使うことで、ニキビ跡を治すことができました。

人生を変えた化粧水 

なので、もし使ったことがないなら、まずは一度、リプロスキンを使ってみることをオススメします。

肌は毎日ターンオーバー(生まれ変り)しています。

ターンオーバーの仕組み ニキビ跡 

元気な肌細胞にターンオーバーさせることで、肌は修復されていくんです。

ターンオーバーが機能したら肌トラブルは解決します 


なので、
まずはリプロスキンを試して、
元気な肌が生まれる感覚
を実感してほしいと思います。


それから、出来るのであれば、食事の改善。

まずは、ジャンクフードを避ける。
ということからはじめてみてください。

きっと、あなたの人生も好転すると思います。

長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。



リプロスキンを一番お得に購入する方法を、まとめました。
よかったら参考にしてください。



テーマ : ニキビ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ニキビ跡 リプロスキン ニキビ痕 ニキビ跡を治す方法 体験談 スキンケア 化粧水

   
プロフィール
リプロスキン効果体験談Aya
▼よく読まれています▼
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
質問やメッセージは下記まで^^
当ブログ管理人AYAへの連絡は↓お気軽に^^